高校入試の数学を攻略したいなら数スタがおすすめです!

中学英語文法

【中学英語】mustの疑問文の作り方、答え方を解説!

今回は助動詞mustの疑問文について解説していきます。

 

mustの疑問文はとっても簡単!

助動詞のルールにしたがって、mustを文頭に持ってくるだけで完成します。

では、例文を交えながら疑問文の作り方、答え方について解説していきます。

mustの疑問文、作り方と答え方

mustの疑問文

I must go home.

Must I go home?

(家に帰らなければなりませんか?)

Yes, you must. / No, you don’t have to.

mustの疑問文は、助動詞のルールに従ってmustを文頭に持ってくるだけで完成となります。

すごく簡単ですね(^^)

 

ただし、この疑問文の答え方には注意が必要です。

「~しなければなりませんか?」と質問しているので、答える人は

Yes, you must.

(はい、しなければいけません)

No, you don’t have to.

(いいえ、する必要はありません)

となります。

 

あれ…?

Noのときには、must notにしないのかな?

って思っちゃいますね。

 

ここが注意なのです。

must not にしてしまうと「してはダメ!」という禁止の表現になってしまいます。

なので、「~する必要はありません」のdon’t have toを用いるようにしましょう。

スポンサーリンク




must疑問文の言い換え

have toを用いた言い換え

Must I go home?

Do I have to go home?

Yes, I do. / No, I don’t.

mustの疑問文は、have toを用いて言いかえることができます。

助動詞のルールであるmustに対して、have toの疑問文はdo,doesを使って作るようになるので注意してくださいね。

まとめ

今回はmustの疑問文のついてまとめました。

mustの疑問文は、そこまで頻出ではありません。

ですが、Noで答えるときにはdon’t have toにするなど、重要なポイントもあります。

しっかりと文の作り方、答え方を覚えておきましょう(^^)

  • mustを文頭に持ってくると疑問文の完成!
  • Noで答えるときには、don’t have to(~する必要はない)を用いる
  • Must I ~ = Do I have to ~